文字サイズ

イチゴ

「紅ほっぺ」日本一を目指して、栽培に取り組んでいます

産地の概要

いちご

JA伊豆の国のイチゴは、静岡県の伊豆半島の付け根、田方平野の伊豆の国市(旧韮山町・伊豆長岡町・大仁町)で栽培されています。

品種は「紅ほっぺ」を栽培し、県下を代表する「紅ほっぺ」産地です。

JA伊豆の国苺(いちご)委員会では、毎月イチゴの栽培講習会などを開催し、生産者とJAが一丸となって品質の向上を目指した活動に取り組んでいます。生産者全員に栽培管理記録簿を配布し、農薬、肥料、作業管理等の使用履歴の記入を行い、安全・安心なイチゴを生産しています。

イチゴの品種「紅ほっぺ」

紅ほっぺ

章姫(♀)×さちのか(♂)

紅ほっぺは、静岡県農林技術研究所で生まれました。

果実の中心部まで赤く色付き、ほっぺが落ちるほどコクがありおいしく、親しみを持たれるように願いを込めて「紅ほっぺ」と名づけられました。

果実は円すい形をしており、果実の色は鮮赤色で果実の中も赤くなります。香りがよく糖度も高く、酸味も適度にあり、コクのあるおいしいイチゴです。現在、当産地の主力品種となっています。

イチゴの品種「きらぴ香」

きらぴ香

きらぴ香は、1999年から育成が始まり、28万株の中から選抜・育成された、紅ほっぺに続く新たなイチゴとして静岡県農林技術研究所が育成し、平成26年度秋から試験販売を開始しています。

特長として、「キラキラとした宝石のような輝き」、「みずみずしく、なめらかな口当たり」、「品の良い甘みとフルーティーな香り」があり、高級感、上品さを感じるイチゴです。

イチゴの品種「章姫」

章姫

久能早生(♀)×女峰(♂)

果実はやや細長く、果実の色は鮮紅色です。やや表面が軟らかいですが、糖度が高く、酸味が少ない大変食べやすい品種です。

収量が多く大粒の実が採れ、当JA管内ではイチゴ狩り園で栽培されている品種です。

「伊豆紅ほっぺ」と「ほっぺちゃん」

「伊豆紅ほっぺ」と「ほっぺちゃん」

伊豆紅ほっぺのロゴマーク(上)とキャラクターの「ほっぺちゃん」(下)

JA伊豆の国苺委員会は、独自の地域ブランド化を目指し、「伊豆紅ほっぺ」という名前を全面に出しています。平成19年度には同名のロゴマークを新たに作成しました。

ロゴマークとあわせて、イチゴ産地としてのブランド名を高めるため、「JA伊豆の国いちご」の象徴として、キャラクター「ほっぺちゃん」を作成。「ほっぺちゃん」は、地元の子どもたちや一般消費者の皆さまを対象にキャラクター名を募集し、計530点もの中から選ばれた名前です。

今後も「伊豆紅ほっぺ」と「ほっぺちゃん」を積極的に活用し、「伊豆紅ほっぺ」ブランドを強固にして、独自性を生かした有利販売を目指していきます。

イチゴ果実の成長

img
花が咲く → 実が膨らむ → 赤くなり、収穫

収穫時期は、11月ごろから翌年5月ごろまで

イチゴの栄養

イチゴはビタミンCを非常に多く含む果物です。成人のビタミンC所要量は1日60mgといわれていますが、大粒のイチゴなら5粒でその量を満たしてしまいます。

ビタミンCは、風邪に効果があります。ビタミンCを大量に補給していると、風邪の引き始めに症状を抑え込みやすく、風邪をひいても軽くすむ傾向にあります。それは、ビタミンCがコラーゲンを合成し、ウイルスが細胞から細胞へ広がるのを防ぐからです。

ビタミンCには、鉄分の吸収を促進する働きもあるので、イチゴは貧血気味の若い女性にもおすすめです。ビタミンCは、水溶性であるのであまり長く水につけないこと。イチゴはさっと洗って、生で食べるのが1番です。

■販売

イチゴの時期(1月~5月ごろ)には、JA伊豆の国農産物直売所「グリーンプラザ伊豆の国」や「農の駅伊豆」で販売しています。

イチゴ狩りは12月中旬~5月上旬まで開園しています。

宅配事業「杜の果実」でも、「紅ほっぺ」の取り扱いをしております。

◆◆◆JA伊豆の国苺(いちご)委員会のホームページ◆◆◆

  • 営農
  • JAバンク
  • JA共済
  • 困った時の連絡先
  • 葬祭事業
  • 食農教育活動
  • 今月の広報誌
  • JA-IT回覧板
  • 採用情報
  • チャレンジ家庭菜園
  • 料理のレシピ
  • リンク集
  • 葬儀情報
  • ごちそうカントリー
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JA農業祭収穫祭
  • 考えてみようTPPのこと
  • 田方広報研究会
  • 口座開設・JAネットバンク
  • 取引時確認に関するお客様への確認
農産物通信販売
農産物通信販売

▲ ページの先頭に戻る