文字サイズ

チャレンジ家庭菜園

ご家庭で気軽に家庭菜園を楽しみませんか?野菜の育て方をお教えします。

ハクサイの栽培

2018.07.02

ハクサイの栽培

 

ハクサイの栽培

 

今月はハクサイの栽培をご紹介します。ハクサイの春植えは害虫や病気の被害が多く結球も難しいので、初めての方は秋植えからチャレンジするのがおすすめです。

苗づくり            

8月下旬から9月上旬に種をまきます。セルトレーに種まき培土を入れ、2~3粒ずつ種をまきます。種は光を好みますので、覆土は種が隠れる程度にしましょう。その後軽く土を抑え、水をたっぷりやります。

発芽までは乾燥に注意し、発芽後は毎朝水やりをします。本葉2枚のころ1本立ちに間引きます。本葉3~4枚になったら定植しましょう。ポット育苗の場合は本葉4~5枚になったら定植しましょう。

畑の準備               

 植え付け前に畑全面に堆肥と苦土石灰をまいて深く耕しましょう。元肥は図1を参照してください。

植え付け             

植穴を掘って苗を植え付けします。株間は、早生(わせ)種は狭く(50㎝程度)、晩生(おくて)種は広く(60㎝程度)取りましょう。株間を広く取ることで外葉が広がり、玉も大きくなります。植え付け時期は暑い日が続き台風が多いことも予測されるので、株元が風で振り回されない程度に土を寄せ対策しましょう。

植え付け後はたっぷりと水やりをしましょう。

植え付け後の管理         

水やりは乾いていたらするようにしましょう。追肥は2回行います。1回目は本葉10枚くらいのころ、畝の肩、通路に化成肥料をまいて鍬で土を畝に上げ土寄せをします。2回目は畝全面が葉で覆われる前に行いましょう。 

追肥は化成肥料を10㎡当たり300gが目安です(図2)。肥料不足は結球しない要因にもなりますので注意しましょう。アブラムシなどの病害虫に注意し、対策や防除を心がけましょう。

収 穫              

頭を押さえてかたくしまっているようなら、収穫適期です。

  • 営農
  • JAバンク
  • JA共済
  • 農産物直売所
  • 静岡水わさび
  • 困った時の連絡先
  • 葬祭事業
  • 食農教育活動
  • 今月の広報誌
  • JA-IT回覧板
  • 採用情報
  • チャレンジ家庭菜園
  • 料理のレシピ
  • リンク集
  • 葬儀情報
  • ごちそうカントリー
  • みんなのよい食プロジェクト
  • facebook
  • 田方広報研究会
  • 口座開設・JAネットバンク
  • 取引時確認に関するお客様への確認
農産物通信販売
農産物通信販売

▲ ページの先頭に戻る