文字サイズ

チャレンジ家庭菜園

ご家庭で気軽に家庭菜園を楽しみませんか?野菜の育て方をお教えします。

アスパラガスの栽培

2018.01.30

アスパラガスの栽培

アスパラガスは、種まきしてから収穫までに3年ほどかかるとされていますが、一度植えると何年も収穫することができます。また、多くのビタミン類やアミノ酸を含み、栄養価の高い野菜として知られています。

○苗について
アスパラガスの苗作りには1年かかるので、園芸店等で苗を購入することをおすすめします。購入苗を使用することで次年度から収穫を楽しむことができます。
○畑の準備・植えつけ
植えつけの約2週間前に堆肥と苦土石灰、化成肥料等を散布し、よく耕しておきます。元肥の目安は図1を参考にしてください。植えつけ時期は、4月下旬~5月上旬が良いでしょう。根株は40㎝間隔で植えつけます。根株を植えつける時は、株の中央から出ている芽を上に向けて、根はできる限り広げて植えましょう。その後、5~6㎝の厚さに覆土し、たっぷり灌水しましょう。
○植えつけ後の管理
植え付け後は土が乾燥しないように適度に灌水します。根株を植えて約1か月で発芽します。成長した株は倒れると根株への養分蓄積が妨げられるのでひもを張り、倒伏を防ぎます。秋に地上部が枯れたら、地際から刈り取り、刈ったものは残すと病気の原因になるので残さないように処理をしましょう。霜が降る前に株元に腐葉土や堆肥(1株当たり2kg)を敷いて寒さから株を守るとよいでしょう。
追肥は、夏に化成肥料1㎏/10㎡を2回ほど株元に施用します。冬には株元から4050㎝離れたところに溝を掘って堆肥と化成肥料(植えつけ時の元肥と同量)を施用し、次年度の栄養供給に備えましょう(図2)。次の年からもこの管理の繰り返しになります。
○収穫
次の年の春、芽が20㎝を超えてきたら収穫します。全ての芽を摘み取ってしまうと株が弱って翌年以降の収穫量が極端に減ってしまうので、細い芽や6月以降に出る芽はそのまま伸ばして株に栄養を蓄えさせるようにしましょう。植えつけ後10年近くは収穫を楽しむことができるのでチャレンジしてみてください。







  • 営農
  • JAバンク
  • JA共済
  • 農産物直売所
  • 静岡水わさび
  • 困った時の連絡先
  • 葬祭事業
  • 食農教育活動
  • 今月の広報誌
  • JA-IT回覧板
  • 採用情報
  • チャレンジ家庭菜園
  • 料理のレシピ
  • リンク集
  • 葬儀情報
  • ごちそうカントリー
  • みんなのよい食プロジェクト
  • facebook
  • 田方広報研究会
  • 口座開設・JAネットバンク
  • 取引時確認に関するお客様への確認
農産物通信販売
農産物通信販売

▲ ページの先頭に戻る