文字サイズ

チャレンジ家庭菜園

ご家庭で気軽に家庭菜園を楽しみませんか?野菜の育て方をお教えします。

12月の家庭菜園の管理

2017.11.30

12月の家庭菜園の管理

 12月になると気温が低下してくるので、冬に備えて寒さの対策をとりましょう。また、タマネギなどは1回目の追肥の時期となります。

ハクサイ
 ハクサイも12月になると大きくなり収穫できるようになります。ハクサイをできるだけ持たせるためには、ハクサイのあたまをわらなどで縛って保温するようにしましょう。うまくいけば、2月初旬まで保存が可能になります。


タマネギ
 11月に植え付けしたタマネギは、この時期に1回目の追肥をしましょう。
 追肥には、生育をよくする作用と耐寒性を高める効果があるので、確実に行いましょう。追肥は、FTE入りS280号化成を1㎡当たり、30gを目安にしましょう。



 霜よけ布の利用
 冬の間は、寒さで野菜が育ちにくくなるので、寒さ対策には霜よけ布が有効です。
 ホウレンソウやコマツナ、ダイコンなど、べたがけ(そのまま上からかけること)で、温度を高め生育をよくする効果と霜を防ぐ効果があります。
 べたがけにする場合には、風で霜よけ布が飛ばないように、すそを土などで押さえるようにしましょう。
 また、針金などを利用してトンネル型にする方法もあります。



※JAでは霜よけ布を不織布という商品名で取り扱っています。葉物類などは露地より生長がよく、霜を防ぐ効果など防寒対策におすすめです。







 













  • 営農
  • JAバンク
  • JA共済
  • 農産物直売所
  • 静岡水わさび
  • 困った時の連絡先
  • 葬祭事業
  • 食農教育活動
  • 今月の広報誌
  • JA-IT回覧板
  • 採用情報
  • チャレンジ家庭菜園
  • 料理のレシピ
  • リンク集
  • 葬儀情報
  • ごちそうカントリー
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JA農業祭収穫祭
  • 田方広報研究会
  • 口座開設・JAネットバンク
  • 取引時確認に関するお客様への確認
  • facebook
農産物通信販売
農産物通信販売

▲ ページの先頭に戻る