文字サイズ

チャレンジ家庭菜園

ご家庭で気軽に家庭菜園を楽しみませんか?野菜の育て方をお教えします。

ナスの管理・剪定

2018.06.01

ナスの管理・剪定

ナスの管理・剪定(せんてい)


 今回はナスの管理と剪定についてです。5月に定植したナスの収穫が6月上中旬から始まり、7月上旬になると最盛期になってきます。7月中旬、下旬には梅雨も明けて気温も上昇してきます。この時期には、ハダニの発生や暑さのため、収量の低下がみられるようになります。思い切って枝を切り戻して新芽を出させ、秋ナスをとることをおすすめします。


◇栽培管理◇
 ナスは肥料不足や水不足になると、花の素質が悪くなり、実どまりが悪くなってきます。図1のように花の雌しべが短くなってきた時には、栄養状態が悪くなってきていますので、適宜に追肥(FTE入S280号化成などを10㎡あたり1キログラム程度)をしましょう。
 梅雨明け後は乾燥には気をつけ、定期的に水やりをしてください。
 
◇更新剪定◇ 
 8月になると真夏の高温などで実つきが悪くなります。7月下旬から8月上旬に思い切って枝を切ります。30日ぐらいで新たに収穫することができるようになります。剪定の方法は、図2を参考に行ってください。


◇更新剪定後の管理◇
 更新剪定後の管理は、追肥と水やりが重要になります。
 剪定後すぐに追肥(FTE入S280号化成などを10㎡あたり1キログラム程度)をしてください。
 水やりはこまめにやると生育が良くなってきます。

  • 営農
  • JAバンク
  • JA共済
  • 農産物直売所
  • 静岡水わさび
  • 困った時の連絡先
  • 葬祭事業
  • 食農教育活動
  • 今月の広報誌
  • JA-IT回覧板
  • 採用情報
  • チャレンジ家庭菜園
  • 料理のレシピ
  • リンク集
  • 葬儀情報
  • ごちそうカントリー
  • みんなのよい食プロジェクト
  • facebook
  • 田方広報研究会
  • 口座開設・JAネットバンク
  • 取引時確認に関するお客様への確認
農産物通信販売
農産物通信販売

▲ ページの先頭に戻る