informations

お知らせ

新着情報 2020.03.26

【JAニュース】移動金融店舗 開店式開く

テープカットを行う鈴木組合長(左から3人目)ら

 JA伊豆の国は金融業務用の窓口端末機を搭載し金融サービスを提供する「移動金融店舗」を新たに導入し、4月1日から稼働を開始する。
 店舗統合した地域の組合員・利用者の利便性の維持や、巨大災害発生時に店舗機能を失った支店管内への派遣、管内の遠隔地の顧客対応などを目的に今回移動金融店舗を導入した。
 26日には、伊豆の国市の同JA本店で運行と運用の安全を祈願して開店式を開催。鈴木正三代表理事組合長やJA役職員、農林中央金庫静岡営業所の志野英樹所長ら来賓など約50人が出席し、テープカットや車内内覧を行った。
 同店舗は2㌧トラックをベースに、外観にはイチゴやワサビ、シイタケ、ミニトマト、畜産の同JA特産の農産物キャラクターが描かれ、内部には対面式のカウンターが設置されている。
 今後は修善寺地区の支店跡地などを毎週巡回し、普通貯金の入出金や通帳の記帳・繰越、公共料金の支払いなどの金融サービスを取り扱う。
 鈴木組合長は「今回の導入は、店舗統合地域での利便性の維持や今後予測される災害発生時の活用を目的としている。店舗統合でご不便をおかけする地域の組合員・利用者の皆さまのお役に立てるよう努力したい」とあいさつした。

category

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ