informations

お知らせ

新着情報 2021.05.06

【チャレンジ家庭菜園】ニガウリの栽培

 ニガウリはウリ科の野菜で、手間がかからず簡単に育てられるので、家庭菜園初心者の方におすすめです。
 別名「ツルレイシ」「ゴーヤ」とも呼ばれ、夏に収穫できる人気野菜です。ビタミンCが豊富で、夏バテ解消に活用される代表的な野菜の一つです。

畑の準備
             
 植え付けの2週間以上前に、苦土石灰(100g/1㎡)を散布し深く耕します。畝立て・元肥は図を参照してください。

植え付け
              
 ポット苗を購入し、葉が3~4枚になった頃に植え付けましょう。植え付け前は苗にたっぷり水をあげます。
 苗を植える深さは根鉢の表面と周囲の用土の高さがそろう程度にします。深植えに注意し、株元の土を軽く押さえます。植え付け後も水をたっぷりあげましょう。

植え付け後の管理
          
 成長するとつるが伸びてくるので、つるの誘引のため、苗を植えた後早いうちに支柱を立てます。支柱は合掌式や棚仕立てにしましょう。
 つるを誘引する時は真上から見た時に8の字を描くようにひもを交差させて、つるとひもの間に空間を作って支柱に固定するようにします。
 つるがよく絡まるように、きゅうりネットを張ると良いでしょう。ニガウリは親づるよりも子づると孫づるに果実を多くつけますので、親づるの本葉が5~6枚になった頃に先端を手で摘み取りましょう(摘芯)。摘芯を行わないと、脇芽(子づる、孫づるになるもの)が伸びてきません。
 追肥は、実がなり始めたら1株当たり10gの化成肥料を月2回施用します。同時に土寄せもしましょう。
 ニガウリの水やりは、土をよく観察し乾いていたらたっぷりあげましょう。

収 穫 
             
 開花後15~20日が収穫の目安です。大きさは20㎝程度で、緑色の濃いうちに果実を収穫します。採り遅れに注意し、若採りを心がけましょう。

category

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ