informations

お知らせ

チャレンジ家庭菜園 2019.05.15

ラッカセイの栽培

ご家庭で気軽に家庭菜園を楽しみませんか?野菜の育て方をお教えします。

ラッカセイはマメ科の野菜で、花が落ちた部分から、つるが伸びて地中で実を作ることから「落花生(ラッカセイ)」と呼ばれています。たくさんの実をつけたラッカセイを収穫して秋の味覚を楽しみましょう。

畑の準備
 植え付けの半月ぐらい前に苦土石灰と堆肥、配合肥料を施しよく耕します(図①)。肥料(特に窒素成分)が強すぎると葉ばかりが茂って実がつかなくなりますので、注意しましょう。

種まき
 ラッカセイは直まきとポットまきができますが、鳥に種を食べられやすいのでポットで育てることをおすすめします。 
 種まきの適期は5月から6月初旬です。種子用の種は一昼夜ほど水に浸して吸水させます。9㎝ポットで人差し指の1節ほどの深さに穴を開け、そこに種を2~3粒まきます。
 本葉が2~3枚になったら植え付けのタイミングです。

追肥・土寄せ
 6月の終わりから7月ごろに花が咲きます。花が咲き始めたら配合肥料を株元にまいて混ぜ合わせ、土寄せをします。
 花が落ちた部分からつる(子房柄という)が伸びてきます(図②)。土にもぐり込み始めたら再度土寄せをします。畑が乾いたら、適宜水やりをします。

収 獲
 10月に入り、葉が黄色く下葉が少し枯れ落ちてきたころが収穫時期です。試し掘りをして、さやに網目がはっきりしていたら収穫のベストタイミングですので適期を逃さないようにしましょう。
 収穫後にすぐ食べたい場合は、株から実を外して塩ゆでしましょう。すぐに食べない場合は、収穫した株の実の部分を上に向け、風通しの良い場所で1週間ほど乾かしてから実を採りましょう。

category

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ