informations

お知らせ

チャレンジ家庭菜園 2017.09.29

エンドウマエ類の栽培

ご家庭で気軽に家庭菜園を楽しみませんか?野菜の育て方をお教えします。

エンドウマメ類の栽培
 スナップエンドウやキヌサヤなど(以下エンドウマメ類という)は10月下旬ごろに種まきをすると、翌年の5月ごろより収穫が可能となります。
土づくり
 エンドウマメ類は連作を嫌うので、3~4年間エンドウマメ類を栽培したことのない畑を選びましょう。
 また、エンドウマメ類は土壌の酸性や湿気に弱いため、種まきの前にしっかりと苦土石灰(1㎡あたり150g程度)を施用し、さらに10cm程度の高さの畝を作りましょう。
種まき
 エンドウマメ類の種まきは、地面に直接まいても、ポットにまいてから植え替えてもどちらでもかまいません。1つのまき穴に2~3粒種をまくようにし、覆土は2~3cm程度としましょう。
支柱たて
 エンドウマメ類のつるが20cm程度になったらササなどを利用して支柱たてをします。ササがない場合は、イボ竹でもかまいません。
害虫防除
 3月ごろから、ハモグリバエの幼虫による食害が見られるようになります。発生がひどくなると、葉の緑色の部分がなくなってしまいますので、マラソン乳剤などで防除を行いましょう。

category

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ