informations

お知らせ

チャレンジ家庭菜園 2017.05.30

サツマイモの栽培

ご家庭で気軽に家庭菜園を楽しみませんか?野菜の育て方をお教えします。

秋の味覚として代表的な食べ物のサツマイモ。さまざまな栄養素を含み、美容や健康によいといわれています。手間もかからず育てやすい野菜です。家族での芋掘りや焼き芋の楽しさもありますので、ぜひチャレンジしてください。

■苗の準備
園芸店などから苗を購入しましょう。節数が7~8節、長さ25~30cmくらいで茎が太めのものがよいです。(図1参照)

■畑の準備
排水のよい畑を選びましょう。排水の悪い畑では思い切って畝を高くしましょう。酸性度を好むので石灰の散布はいりません。窒素肥料が多いと葉が茂りすぎ、つるボケ現象を起こしてイモが太らない状態となります。窒素の少ないイモ専用肥料を施しましょう。
畝を立てたら雑草の抑制などのため黒マルチを張ります。

■植え付け
植え方は水平植え・斜め植え・垂直植えなどがありますが、斜め植えが一般的です。節の部分からイモになる根が出ますので節数を多く地中に埋めるようにしましょう。(図2参照)

■つる返し
1~2か月すると伸びたつるが土につき、葉のつけ根から根が出ます。この根も肥大しますが収穫できるほどの大きさのイモにはなりません。また、養分が分散し全体的に小さなイモになってしまいます。植え付けた部分のイモだけをしっかりと肥大させるために「つる返し」(つるを引き上げて土から根をはがし反転する作業)を行いましょう。

■収穫
10月~11月の霜が降りる前に晴天日を選んで掘り取ります。霜にあたると味が落ち、腐ることがありますので注意してください。
掘り取る前には地上部を全部刈り取ります。そしてイモを傷つけないよう丁寧に掘り上げてください。

category

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ